イラストレーター駆け出しの頃
50万円相当詐欺られた話【3】


つづきでーす! 

※約10年前の経験談です。
詐欺られイラストレーター ゆむい

⭐️もくじ⭐️

1)防御力0!無知な若造フリーランスになる
2)詐欺師に釣られた現場は、ミ●●ィ
3)実績を積みたい焦りから…
4)大金に目がくらんだ
5)違和感を打ち消すもの
6)契約書もバッチリ??
7)いつの間にか音信不通
8)わたし以外にも「被害者」が!?
9)集団訴訟か、個人で戦うか
10)後ろ盾
11)警察?私の決断は…
12)まさかの、詐欺事件の全貌
13)教訓!!

【 第3話 
実績を積みたい焦りから… 


詐欺られイラストレーター ゆむい

詐欺られイラストレーター ゆむい

詐欺られイラストレーター ゆむい

詐欺られイラストレーター ゆむい

詐欺られイラストレーター ゆむい

最初の違和感は「発注が雑」ということ。
普通はもっと細かく指示があるものです。

それでもとにかく仕事をゲットしたいという焦りから
都合よく解釈して違和感をスルーしてしまいました。

そして再現ができないのですが
担当者が、
ものすごく珍しい苗字でした。

この件についても最後の13話で総括します…。

詐欺られイラストレーター ゆむい

詐欺られイラストレーター ゆむい

詐欺られイラストレーター ゆむい

自分がどんなイラストレーターになりたいのか、
その辺は全く考えておらず、迷走していた時期です。

あの時期は作品に対する思い入れは特に無かったです。
ただの経験値稼ぎでした。
よくないね!!

詐欺られイラストレーター ゆむい




つづく!

 
良かったら読者登録してね!