みつと二人で
トンボ玉作りの体験をしてきました!

アソビューをぼんやり眺めていたら楽しそうだったので
好奇心だけでポチーッと予約。
初めてだったので事前にYouTubeで予習してから臨みました。


いざ工房へ!
作業場にはバーナーを始めたくさんの専用器材がセットされていて 
講師の方が一対一で指導してくださいました。
トンボ玉制作 ゆむい
トンボ玉制作 ゆむい
初めてなので、超基本的な作り方で挑戦です。

まずは芯棒の離型剤部分をオレンジ色になるまで温め
ガラス棒を遠くから少しずつ加熱して溶かしていきます。
トンボ玉制作 ゆむい
この時点でもう、部屋の中は激アツ!!!
自宅でやったらとんでもないことになりそうだな。

トンボ玉制作 ゆむい
次第にガラス棒の先がトロトロ溶けて塊になってきます。
くるくる回しながら玉を大きくしていき、
芯棒に巻きつける!
トンボ玉制作 ゆむい

この作業の時、油断してたら失敗して
ガラスの塊を下に落としてしまいました。
線香花火の火種が落ちたみたいな感じ。
夏の終わり……じゃなくて!
トンボ玉制作 ゆむい

集中 集中!!
みつも想像以上に夢中で取り組んでました。
トンボ玉制作 ゆむい

ガラスの塊がある程度大きくなったら
スプーンに取った色ガラスを軽くチョンチョンと押しつけ、再び加熱。
トンボ玉制作 ゆむい
え、ちょっと待って
イラストの色のセンスが壊滅的すぎて気持ち悪い図になっちゃった
ごめん…なんだこのケミカルカラーは



色が馴染んだらまたガラスを足し、加熱。
この作業を繰り返します。
満足するまで模様を作ったら
くるくる回しながら形を整え
トンボ玉制作 ゆむい
冷ますための砂場みたいなエリアに芯棒ごとつっこんで、完了!

めっちゃ暑い!
一つ終わった頃には汗だくです。
火力やばい。
夏じゃなくて冬にやった方がいいと思いました(笑)



もう一種類、うずを巻いたような模様バージョンも挑戦しました。
事前に準備しておいた1mmくらいの細さのガラス棒を
4つに切り分け
温めながらガラス玉に均等に貼り付けます。
トンボ玉制作 ゆむい
 回しながら色を垂らしていくと
流れるような模様が出ます!


時間をかけてゆっくり冷ましていくので
完成品は後日郵送されることに。

そしてとどいたのがこちら
トンボ玉制作 ゆむい

制作中は色が鮮明じゃなかったけど、
キレイな色が出てる! 
トンボ玉制作 ゆむい
一つはストラップに加工していただきました。
形は歪だけど、なんだか嬉しいね!

みつに、夏休みの自由工作で提出する?と聞いてみたのですが
トンボ玉制作 ゆむい

だそうです。
本当に気に入ったみたい。
よかった。


実はこの日の前日、
色々あって最高にイライラしていて1日中その問題が頭から離れなくて
夜も興奮状態で全然眠れなかったのですが 

制作中の2時間だけは、
スパッとそのことを完全に忘れることができました。
火とガラスのことだけ考えないといけない状況なので。
すっっっごい没頭できます。

お陰様でリフレッシュできました!

気軽に体験できるトンボ玉制作、
疲れてる人にこそ、おすすめしたいです!
小学生も楽しめるよ!