6月30日に発売されました、
内野こめこさんの新刊
「うちのこざんまい」 の第二弾
コウくん、お兄ちゃんになる!

1巻も発売日に買っていたのですが、今回ありがたいことに本をいただきまして
(こめこさん、ブログ運営様 ありがとうございます!)
感想と紹介を書かせていただきます〜ヾ(´ω`=´ω`)ノ

うちのこざんまい こめこさん 書籍
こめこさんといえば、育児絵日記ブログを読んでいる人なら
知らない人はいないでしょう!(断言) 
育児絵日記の人気ブログランキングで不動の1位。
ほぼ毎日欠かさず更新されている、ブログ界のレジェンド!!
うちのこざんまい こめこさん書籍
今回はブログ本第二弾ということで、
長男コウくんが2歳半〜3歳7ヶ月の頃、
次男シンくん誕生までのお話です。

コウくんとの日々の攻防戦や工夫、分析が細かく記録されていて、
笑っちゃうこと、共感、「なるほど!」という発見など
参考になることがたくさん載っていて
普通のエッセイ漫画より情報量がギッシリ詰まった1冊です。

yumui315-5
1巻もですが、こんな風に
月齢ごとにページが割り振られていて、辞書みたいに引きやすい。

これって、こめこさんが日々しっかり記録を録っているからこそ出来ることですよね。
私、数ヶ月前のことすらもう忘れてる(笑)

コウくんは我が家のみつより2学年下なのですが
とっても賢い子で、3歳前後の漫画なのに、
今のみつと重なることが多くてびっくりしてます。

例えば32ページからの第二話で(←コミ劇でも公開中)
「なぜなぜ期」について描かれているのですが
みつが今まさに「なぜなぜ期」の真っ最中!

事あるごとに「なんで?どうして?」が
延々繰り返されてウンザリするアレです(笑) 

漫画中の「なんでとは何ぞや…??」となってしまう
こめこさんの表情、正に自分の姿と重なります(^^;)

こめこさんなりに導き出した対処法が載っていて、
今日からでも真似してみよう!と思いました。 

「お兄ちゃん」になっていく成長過程、
我慢を覚えたり、人に優しくしたり。
その反面、不安、プライド、甘え、自立心など色々な感情が出てくるこの年齢。
大人がひた隠しにする感情をモロにぶつけてくるから、
体力も精神も削られるんですよね。

でもこめこさんがそれを一生懸命受け止めている様子が、
私も頑張ろう!って前向きな気持ちになれる内容です。


こめこさんのエッセイ漫画は
「母親の考えているモヤモヤ、解決の糸口が見つかるまで」の心の声がたくさん書いてあります。
その思考回路を辿っていくと、コウくんへの愛で溢れていて…。
「母親」ってこうして客観的にみてみるとすごいな!って感動しました(´;ω;`)

これ、育児中の人だけじゃなくて
全世代に読んでほしい!
みんな人に優しくなれるよ!! 

そんな素敵な一冊です(*´∇`*)

1巻も合わせて、2巻も是非読んでみてください♡


ランキング参加中
yumui315-3
ポチッと応援お願いします(・∀・)つ
 



 あとオマケ!
今日は7月10日で納豆の日らしいので
当ブログの納豆関連記事を貼っておきます(笑)
yumui250-2